布団のリフォームは基本的には古い綿を全て新しいに入れ替えるのが基本です。古い渡の場合には湿気を含んで弾力を失っていたり、ダニの死骸やふんなどが残っている場合もあり、これらを新しい綿に入れ替えることで完全に取り除くことが大切です。そのため、綿を全て入れ替えることが基本ですが業者によっては布団を膨らませるために渡を追加してリフォームとするところがあります。このような方法では湿った綿が完全に元に戻ることがない上、綿の量が増えることで弾力性をなくし硬くなってしまう傾向があります。

さらにダニなどの影響も新たに追加した綿にすぐに広がってしまうのですぐに布団がダメになってしまうという恐れがあります。そのためこの方法を行う描写は決して良心的な業者とは言えません。このような両者を見分けるには第一に見積もりの内容確認することが必要です。見積もりには作業工程を詳細に記載することが多く、また詳細に作業内容が記載されているところは信頼できる業者と考えて良いものです。

しかし、リフォーム一式といったようなあいまいな表現をする業者は非常に注意が必要です。既存の布団に綿を追加してしまうと見た目にはふっくらとしたように見えますが、実際には新しい綿の量が少ないために数回使うと布団が硬くなってしまうことが多いので注意が必要です。またこのような業者は価格が安いことを売りにすることが多いのですが、作業の詳細内容を明らかにすることがないため、十分な注意が必要です。窓の騒音対策のことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です