床のお手入れは自分でもできますが、実際にやってみると意外に面倒で時間がかかります。たとえばワックスがけですが、これはただ床をコーティングすればいいというわけではありません。その前に床をきれいに掃除して、ホコリが入らないように気をつける必要があります。さらにその上で、洗浄しワックスを塗った後乾燥させるまで一気にやり切らなくてはなりません。

清掃一つとっても、汚れを落とす時使った洗剤が残っていてはワックスがけに影響が出てしまいます。洗剤が残ったことでワックスがはがれやすくなるうえ、変色の原因にもなりかねないからです。そういうこともあるので、やはりフローリングのワックスがけはプロに任せた方が無難といえるでしょう。プロならフローリングの作業に日頃から慣れていますから、間違いのない仕事をしてくれるはずです。

特にワックスをかける時はムラなく均一に塗る必要があるので、作業にはそれなりのコツと根気がいります。素人が使い慣れない道具でこれをやったところで、上手に乾燥まで仕上げることは難しいでしょう。でもプロなら、フローリングのワックス加工の塗り方や乾燥のタイミングもよくわかっているので安心です。それに使うワックスも、専門業者が使う物と市販の物では質がまったく違います。

プロ用のフローリングワックスは耐久性や仕上がりの綺麗さまで、どれをとっても市販品より上です。これを使って知識と経験が豊富な専門業者が塗るのですから、きれいに仕上がらないわけがありません。その後のお手入れのことを考えても、ワックスがけは専門業者に任せるのが一番といえるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です