室内の壁に貼り付けて使用するエコカラットは一般的なタイルと比べて吸湿性が高く、室内の湿度を一定に保つ効果があります。そのため、住宅やオフィスなどの居住環境を改善させる目的で使用されることが多い他、デザインが多彩なことからインテリア建材として使用されるケースもあります。その一方で扱い方や環境によっては著しく劣化してしまうこともあるため、エコカラットの特徴を把握して適切に扱うことが大切です。エコカラットは表面に微小な穴が無数に空いているので空気中の湿度を吸収する特徴があります。

また、細かい凹凸があるので光を当てると独特な陰影が形成されます。タイルの表面に摩擦などの刺激を与え続けると穴が塞がれたり凹凸がすり減り、吸湿性が低下してしまいます。水垢や油などの汚れが付着することでも吸湿性を左右する微小な穴が塞がってしまうので、タイルを使用する環境には注意する必要があります。エコカラットはセラミック製なので軽量で扱い易いのが利点の一つですが、その一方でひび割れや欠損が生じやすい欠点もあるので取り扱いには細心の注意を払うことが大切です。

破損したタイルをそのまま使い続けると下地の壁にも傷みが広がってしまうことがあるので、速やかに新品に交換することが良好な状態を保つための重要な条件です。エコカラットの劣化を防ぐためには毎日の生活の中で丁寧に扱い、汚れも速やかに取り除いて常に清潔に保つように心がけます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です