これから自宅に設けるならWifiタイプがおすすめ

これから時代にインターネット回線を設ける事を真剣に考えている方は、有線LANではなくWifiのタイプにしましょう。



有線LANは言わばひと昔前の規格です。

今でも現役の接続方法ですが、昨今の家庭生活を考えた場合、無線のタイプにした方が色々な面でおすすめです。


有線だと電気のコンセントのように、線が届く範囲にしか製品が置けません。
デスクトップパソコンなら据え置き型ですので線が届く壁際でも良いかもしれませんが、タブレットやテレビやゲーム機など、こういった物まで全て置き場所が常に固定されると大変不便です。

せっかく薄型で持ち運びに便利なノートパソコンを買っても、有線LANだと不便なまま、翻ってWifiなら自宅のワイヤレスルーターの電波が届く限り、どこの部屋でも快適にブラウジングが可能です。
既に多くの家庭でWi-Fiは利用されており、大手携帯電話会社で契約したiPhoneなども、自宅に居る間は自分で契約したWifiに接続した方がおすすめです。


ネットが使い放題のオプションを選んでいても、スマートフォンで大量の通信を行うと、通信制限が課せられます。その状態になるとデータのアップロードが遅くなり、ネットを見るスピードも悪くなります。



自宅のWifiにiPhoneに接続すれば、その間の通信は自前の回線を通して処理されるため、スマートフォン側の通信量は増えず通信制限のリスクを実質的にゼロに出来るでしょう。おすすめのテクニックとして既に世間一般では浸透しており、街中ではフリーのWifiスポットを利用し、帰宅後は自宅の回線に繋ぐ習慣をすれば携帯電話特有のデメリットを回避できます。